親の問題により発達障害と誤診される子ども達

疾患
親の行動や家庭環境が子どもの情緒や行動に影響を与え、それが発達障害などと誤診されることがあります。これは、親の行動や環境が子どもの心理的、感情的、行動的発達に影響を及ぼすためです。 例えば、不適切な養育(マルトリートメント)や家庭内不和、離婚などにより、子どもはストレスやトラウマを経験します。近年の

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   

【記事監修】
吉岡鉱平(精神科専門医、精神保健指定医、日本医師会認定産業医)
====================
ユーザー名とパスワードは【ポケットメンタル】へのご登録が必要です。
(こちらは既に登録済みの方にも表示されます)

ポケットメンタルはこちらをクリック
↓↓

疾患発達障害
メンタルペディア